fc2ブログ
2008.01.25
40周年記念式典
今日南大冠小学校の40周年記念式典がありました。

最初に校歌をみんなでうたい、校長先生の挨拶、PTA会長の挨拶。
そしていよいよ第1部『コンサート』
南アメリカの民族音楽フォルクローレの演奏をセサル・ラトーレさんがしてくださいました。
ケーナを生で初めて聞きました。ほんとにあったかい音色で
高い空を想像させてくれます。ラトーレさんの歌声はとてもあたたかくて
ラトーレさんのあたたかい人柄がそのまま歌ににじみ出ていました。

とても衝撃だったのは、なんと人の足の骨で出来た笛!
ラトーレさんのおじいちゃんのそのまたおじいちゃんのおじいちゃんの・・・・・
人の骨だそうです。会場全体が『えーーーーーーー!!!』と驚きました。
いい音色していました。

第2部は子供達のお楽しみ。チャレンジランキング大会!
昔の路地裏遊びのような種目をいくつも用意してそれを全校生徒で競っていきます。
日本だけでなく外国にも広がっている楽しいイベントです。

『べーちゃん』こと岡部先生がみんなの心をしっかり掴んで
進めていきます。

子供達の楽しそうな顔。顔。顔。

その顔を見た副会長のちかちゃん
「この顔を見れただけで十分やわ。やってきてよかった」


式典が終わって、お手伝いしてくれた父兄にPTA会長が言った言葉が印象的です。

「ボクは、これを子供達にさせてあげたくて会長をお引き受けしました・・・」


誰かのために動くこと、働きかけることをわずらわしいと思う人が増えている中、忙しくても大変でも、前向きに。そしてどこまでも『子供たちのために』を忘れず、取り組む役員の方々。
私たち指名委員が去年選んだ人たちが間違いなかったこと、素晴らしい方々だったことを改めて確信しました。


素晴らしい企画をありがとう。子供達の笑顔をありがとう。
そして本当にお疲れ様でした。


| コメント(0) | PAGETOP |