FC2ブログ
2019.04.04
新もりぐち音頭(^^♪
地元の名所や名物を歌い込んだ「新もりぐち音頭」
歌詞は7番まであり、守口が東海道57次の最終宿であることや、守口ダイコン、 市内から見える生駒山、
八雲遺跡など名所や名物が盛り込まれています。(^^♪


当時、守口の身体障害者団体の役員をされていた竹内さん。

子供のころから足が不自由でしたが、高齢になり、数年前から車いすを利用するようになりました。
車いすでも踊れる音頭を。と。竹内さんが親交のあった
和泉悦子さんに作詞を依頼。
悦子さんは当時病に苦しんでいましたが、半年かけて歌詞を完成させ、59歳で亡くなられました。

その歌詞に曲を付けさせていただき、平成26年に完成。

その楽曲に守口市日本民踊研究会の代表、酒井先生が、
「守口が元気に」
と、振りを考案され、守口市日本民踊研究会によって完成しました。

それ以降、守口市の各集会所やコミニティーにて、「新もりぐち音頭」の練習会が様々のところで実施されています。

毎年8月に、守口市日本民踊研究会が主催して守口市民体育会で行われる「夏季民踊大会」でも
いろんな音頭と一緒に、「新もりぐち音頭」が披露されています。


振りを考案された酒井先生もお亡くなりになりました。

『新もりぐち音頭』には、悦子さん・酒井先生の「守口を元気に!」との思いが込められています。

私は、『新もりぐち音頭』を唄うたびに、心の中でお二人にお会いします。(^^♪


歌詞に込められた思思いはこれよろしいですか?
先生が描いていた振りや動きは、これでよろしいですか?


返事は返ってきませんが
心の中でお二人に尋ねながら歌ってきました(^-^)

3年ぶりに。披露させて頂きます。m(__)m


悦子さん・酒井先生の

「守口を元気に!」

その思いを乗せて。

提灯踊り5

提灯踊り4


提灯踊り3


提灯踊り2


提灯踊り






| コメント(0) | PAGETOP |

★ コメント


★ コメント 投稿










管理人にのみ表示