FC2ブログ
2020.03.08
『川村妙子のbesweetタイム』をありがとうございました(^-^)
1年半(18回)のコーナーが終了しました。(^-^)

ある日、まさか!私が!!!と始まったラジオのコーナー。( ;∀;)

MCが嫌いでドラムを楽器に選んだ私が、
やっぱり唄いたさがどうしても止められなくて
ボーカルに転身した20歳。

しゃべりなんて。。苦手なので絶対やりたくない。
だけど、オリジナルは唄いたい。

そんな私がゲストに呼んでもらった30代。


いろんな番組に出させてもらうたびに、
感じる違和感。

お声をかけてもらうたびに、子どものように大喜びして
出させてもらっては、出て傷つくことも多々。(泣)


その時、わかったんです。

神野さんの番組『ラグタイム』が
どんなに、リスナーを想って構成しているか。
どんなにゲストの魅力を引き出そうとしているか。
どんなに番組を真剣に取り組んでいるか。

こんなあったかい番組。他にない。



ある年の暮れ。

『ラグタイムⅡ』のパーソナリティの神野さんに

「今まで、何度もゲストに出させて頂いてありがとうございました。
私ね、この後の人生、もしラジオに呼んでもらえる時があったら、
これからは、苦手。とか言わず、出させてもらいます。
神野さんの番組がどんなに素晴らしい番組かよくわかりました」

そんな気持ちをお伝えしました。


その後でした。
番組の中のコーナーをくださったのは。


もう。迷うことなく、お引き受けしました。

「ラグタイム」と同じ、
誰かのために。
誰かと共に。
その流れを私もコーナーから伝えたい。

音楽を通して伝えてきた想いは、それだから。
ずっとその想いだけは変わってないから。


ラグタイムにゲストでださせてもらっていた10数年前、最後に神野さんに
「妙子さんにとって、『音楽』とは?」
と聞かれ

「私と誰かを元気にする応援団」

そんな答えをした気がします。


今も。。。。
今の方が・・・・

私にとって「音楽」とは?

私とまわりの人を元気にしてくれる応援団です。(^-^)


『ラグタイム』は、
私にたくさんの出会いとたくさんの経験とそして
たくさんの「気付き」をくれました。

ありがとうございましたm(__)m



| コメント(0) | PAGETOP |

★ コメント


★ コメント 投稿










管理人にのみ表示