TAEKO-Diary ADMIN
TAEKO-WEB
川村妙子 Official Site
Diary
2010.06.20
昨日のラグタイム
楽しみにしていたラグタイム。
ゲストの松浦さん、安川さん、占いの植村さん
みなさん2度目の再会なこともあって、とてもフレンドリーに
大変心地いい、楽しいひとときとなりました。

この日は、翌日が父の日ということで
温めていた父の曲『悲しみの向こうに』を唄うと決めていたのですが
家で何度練習していても同じところで、泣いてしまうので
生で唄うのはやめて、録音して当日流そうと思っていました。

主人には、
「この曲は自分だけのプライベート曲にするのか、また将来的にCDにいれるつもりなのか」
たずねられました。

というのが、2番の歌詞で

♪ 孫達と思い出を刻んだ友が島 ♪

孫、友が島
というのが、とても限定的で、曲が小さく?なる?感じ。

私の中では、この方がより自分の思いが入っていてよかったんですが、
ラジオの二日前、友人から最愛の人が急死した、と電話が。

どんなに苦しいだろう。

そう思ったとき、友人に『悲しみの向こうに』を聴いてほしい。
友人にも共感できる曲にしたいと思いました。
あの電話がなかったら、『悲しみの向こうに』は、
私だけの自己満足の作品に仕上げていました。


やはり本番では、ぐっと力を入れていないと
泣きそうで、最後まで歌いきれないくらい
感情がこみ上げてきて、声が震えてしまいましたが
発表できてよかったです。




『悲しみの向こうに』

もう一度 もう一度 あなたに会いたくて
もう一度 もう一度 声が聞きたくて
抱きしめた あなたの手のぬくもりも
私の手のひらに残っています

まるで嵐のように 過ぎ去っていった人
今はまだつらすぎて 何一つ思い出も語れないけど
悲しみの向こうに 笑顔の光はあるよね
それを信じて生きよう ずっとずっとずっと信じて



たくさんの思い出を 刻んだあの海に
「もう一度この夏も行こう」と言ったよね
飾られた在りし日の あなたの写真が
毎日私に笑いかけてくれます

海より深い愛を注いでくれた人
今改めて気づく 温かいまなざしに守られてたと
日々あなたを思う心は 届いているよね
それを信じて生きよう ずっとずっとずっと

悲しみの向こうに 笑顔の光はあるよね
それを信じて生きよう 
ずっとずっとずっと信じて


父の日のお花と父の好きだったお酒とタバコを買って
実家のお店のお手伝いに。


お店を閉めて、みんなで食事して実家へ。

仏壇に手を合わせ。お花を飾って。

あああ!!!お酒とタバコ。
お店に忘れた!!!(泣)

| コメント(4) | PAGETOP |

★コメント

断念ながら悲しみの向うに聞けませんでした。
どうしても出かけなければいけない用事が~
又の機会を楽しみにさせて頂きます。
思いのこもった素敵な歌詞ですね。
2010.06.21 | By 山商 | URL | EDIT |
ありがとうございます!いつでも聴いていただける機会はあるかと思います。

楽しみにしてくださることに、感謝です♪
2010.06.21 | By TAEKO | URL | EDIT |
妙子さんの心がいっぱい詰まった素敵な詩ですね。
機会が有れば聞かせていただきたいと思います。
ご活躍をお祈りしてます。
2010.06.21 | By ぷりママ | URL | EDIT |
ぷりママありがとうございます。
この日のラジオを楽しみにしていた母も、
父への曲を聴いて、喜んでくれました。
2010.06.22 | By TAEKO | URL | EDIT |

★ コメント 投稿









管理人にのみ表示