TAEKO-Diary ADMIN
TAEKO-WEB
川村妙子 Official Site
Diary
2015.11.24
昨日はホテルアゴラにて
守口門真歴史街道推進協議会さんのイベントに参加しました。

東海道は、何次あるかご存知ですか?
広重の53次があまりにも有名で、ほとんどの人が江戸から京都までの「東海道53次」と思っています。
しかし、実際は「大坂」までの57次なんです。
 宿場町では「人馬継立」といって、馬を乗り換え、人足を交代させる決まりがありました。
宿駅はそのための中継地点でしたが、その「継(つぎ)」を「次」として売り出したのが広重だとのこと。
当時、江戸っ子には京都への憧れがあり、絵を売るためには京都までで充分で、
結局、京都までの「53次」しか絵を描かなかったそうです。
しかし実際の街道では、大名行列や幕府役人、町人も含めて、「大坂」までの「57次」を旅していました。
 京都から「伏見宿」「淀宿」「枚方宿」、そして「守口宿」を経由して京橋、大阪城に到る京街道。
この57次を通じて、町おこしを始め、その歴史をとどめようと頑張っておられる方々がいます。
                                  (BY いさ進一さんのブログから引用)
それが、『新もりぐち音頭』の作詞者のご主人、和泉幸男さんです。

昨日は、守口市長、FM枚方の社長など京阪(守口、門真、枚方)を盛り上げていきたい、思い熱い方々がご参加されていました。

 来年は、「守口宿」が開かれてから400年。そして守口の市政70周年。
守口市が盛り上がっています。

昨日は『新もりぐち音頭』を、『松の会』という新舞踊のみなさんが踊ってくださいました。
これで共演させていただいた踊りのグループが3組目です。

さすが、守口。曲に
♪ 歴史と文化と伝統の町♪
とあるように、文化が栄えているんですね。

どのグループもそれぞれカラーがあるので、共演もそういう楽しみも出てきました。
共演のグループや、その日の立ち位置。
ワイヤレスマイクかそうじゃないか。で、動ける範囲も違うし
その日の一番いいパフォーマンスができるように、まだまだ勉強中です。

| コメント(2) | PAGETOP |

★コメント

57次勉強になりました。めっちゃ楽しそうですね♪目一杯楽しめば何事も上手く行きますよね♪ご活躍を楽しみに応援しています。
2015.11.24 | By ヤマショウ | URL | EDIT |
ほんとですね。少しでも関わらせていただくことで、もっと知りたくなるし、勉強したくなりますね。

音楽も何年も続けてきましたが、新しく知ることばかりで
まだまだ初心者マークです。(汗)
もっともっと勉強します。
2015.11.24 | By TAEKO | URL | EDIT |

★ コメント 投稿









管理人にのみ表示