TAEKO-Diary ADMIN

TAEKO-WEB

川村妙子 Official Site

Top

Profile

News

Works

Diary

Link

Mail

2017.04.09
ストリートを始めてもうすぐ1年m(__)m
去年5月に父の追悼曲『悲しみの向こうに』を発表させて頂いて
もうすぐ1年。
作曲活動中心の生活から
久々にライブ活動に転向してもうすぐ1年。
勉強することばかりでした。(汗)

そして今年は再び『どうもありがとう』メインの1年で進もうと思っています。
曲が出来た当時、子ども達はま未就園児。
可愛い寝顔を見ながら作った曲です。

そんな子供たちも、大きくなり20歳、そして下は今年19歳になります。

『どうもありがとう』は、もう歌う機会がないかな、、と思っていましたが、
先月娘の高校の謝恩会で私と主人で2曲演奏する機会を頂いた時

「1曲を『どうもありがとう』にしたい。と思います。
子供たちの名前を入れた歌で、当時、世のお母さんに
自分の名前を入れて子守歌のように歌ってほしいと思って
作りました。
3番の歌詞に「キミと過ごす時は、あとどれくらいあるだろう・・・
長いようで短い時間・・・・」
とあります。
今まで大切に育ててきた気持ちを振り返る思いで聞いてほしいと思って
この曲を歌いたいと思います」

そう話したら。。。説明だけで曲を聞く前に泣いてるお母さんが。。。

また、大学に海外を選び、簡単に会えなくなるわが子と
まさに今日本にいる間が「子供と過ごすわずかな時間」
大切に大切に子供との時間を持とうとされていて、
この曲を聴くのを楽しみにしてくれていました。

どんなに子供が大きくなっても、我が子はわが子。
かけがえのない存在に変わりがなく。
無償の愛はどこまでも続いていく。ずーーーーと。

子供たちが大人になり、巣立って、
それぞれの道を歩き、それぞれの家庭を持っていく。。
この3番の歌詞が。。。私にとっても
今まさにぴったりなことをかみしめ
当時とは違う思いで。歌ってみたいな。と思いました。



そして!春から新緑の季節に向かう今!
シャガの花がいよいよ咲き乱れます。

演歌歌手中野有希乃さんに書かせていただいた
『シャガの花』
この季節限定で、川村妙子(ポップスバージョン)にて
発信したいと思います。
中野有希乃さんでカラオケDAMに配信されています。
覚えて頂いて、どんどん歌ってくださいm(__)m
| コメント(2) | PAGETOP |

★コメント

ご卒業おめでとうございます。川村さんには子育ての先輩としても尊敬させていただいていますが、お子さん、もうそんなに大きくなられたのかと驚きます!スピッツ風でいきものがかり的な曲。先生もお喜びだったと思います。親にとって子どもは5才迄にすでに親孝行は終わってるって話を誰かが言っていました。苦労はしても、いくつになっても心配でかわいい我が子で、元気で幸せで居てくれたらそれだけで親孝行なんでしょうね。最近私もやっと気付けたかも。
2017.04.12 | By ななつもりでランチ | URL | EDIT |
返信できていなくてごめんなさい。カキコミありがとうございました。
しかも素晴らしいコメント。

ほんとにその通りですね。
ななつもりさんのその言葉を聞いて
『どうもありがとう』を我が子を思って作れてたことが幸せに思えてきました。
これから』どうもありがとう』を歌っていきます。
是非会場へ、生『どうもありがとう』を聴きに来てください。
2017.04.19 | By TAEKO | URL | EDIT |

★ コメント 投稿









管理人にのみ表示