fc2ブログ
2008.10.05
見所たくさんの運動会
今日は小学校の運動会でした。

いつも運動会には主人の父母と一緒に、義妹が来てくれていました。
今日も応援に来てくれていたんですが、明日から結婚して家を出て行くので
妹の独身最後の子供たちの運動会でした。

今年は主人のPTAあいさつがあります。
これは聞かな♪ と父母。(笑)

そして子供たちは競技以外に、長男がアナウンスをする箇所があって
父母には、そして私もお楽しみいっぱいの運動会でした。


よくよく考えてみると、一般の父兄が、主人をPTA会長として顔を見るのは、今日が初めてって方がほとんどなんですよね。

入学式も、卒業式も対象の学年のご家族と役員の方しか参加されないし、総会も委任状を提出して
参加される方も委員をやってる方がメインで参加されていて、一般の方から参加されている方は少ないし、4月に新学期が始まっているのに、1年の半分過ぎたこの運動会が、一番たくさんの父兄が集まる機会なんですね。

たくさんの父兄と先生方がいる前で、しっかりと自分の思いを語る主人に、正直感動してしまった・・・

「子供たちに『頑張れ!頑張れ!』と言うからには、(PTA会長の話を)断りたくない」
決してやれる時間があるわけではありませんでしたが、前向きに返事をしようとする主人の姿勢は
PTAの仕事が始まってからも変わっていませんでした。
いつも『子供たちのためになること』これがブレないんです。

よく、子供たちが「やらないで!」と言って、役員が出来なかったお父さんの話を聞きます。
二人の子どもも高学年になり、決して親が学校に出てきたり、自分との関わりが恥ずかしくない訳ではありませんが、なぜ主人が会長を引き受けたのか。なぜ私たちが一生懸命頑張るのか。
そのことは理解してくれているようで、おかげで、思いっきりいろんな活動をさせてもらうことができ、子供たちにも感謝しています。


子供たちも精一杯今まで取り組んできたことに打ち込んでいました。
今年初めて長男は
「明日、楽しみ♪」と言いませんでした。
団体競技のリレー、そして組体。
みんなが力を合わせないと勝てないこと。自分のせいで負けてしまったらどうしよう。
そのプレッシャーで
「明日は、絶対(組体のピラミッド)こけるわー」
何度も何度も、そう言いながら眠りにつきました。

閉会式の前の最後の種目が、5,6年生の組体。
二人、三人、四人とお友達と組んでピラミッドを作っていきます。

ここ数年ではじめてみたかとおもうほど、真剣な表情の長男に、
「失敗するわけにはいかない!」「成功したい!」
去年とは違う、一回り大人になった姿を感じました。

これを成功させるために何日も練習してきたんやな。
そう思うと、感動で何度かぐっとくる場面がありました。

また感動するいい場面に良い曲が流れていて
「私も、こんな場面につかってもらえる曲をいつか書けるようになりたい」
との思いを強くしました。


いつもいつも何か委員をしていて、ゆっくり運動会をみていたことがなく、
子どもの競技以外はいつも動き回っていました。(去年は何も委員をしていなかったのですが、昼からコンサートだったので抜けました)、今年初めてゆっくり座っていてもなんだか落ち着きません(笑)代わりに今年は主人がほとんど動き回っていましたが・・・(苦笑)

たくさんの人の力で運動会が出来ているなと感動し、先生方、役員さん、委員さんへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。

感動の運動会をありがとうございました。
みなさんお疲れ様でした。





| コメント(0) | PAGETOP |

★ コメント


★ コメント 投稿










管理人にのみ表示